FC2ブログ

しぇいきんぐの模型三昧 ーFC2館ー

ガンプラ、AFV、その他色々雑食モデラーの食い散らしブログ!

 

 治療がはじまり生活が一変(>▽<)

超久しぶりな更新っす(^^;

模型関係は、気が向けば仕掛品をちょびっとだけ弄る程度で、ありえないぐらい制作意欲が
無い状態に陥っています(><)

さて、エントリーしていた治験審査が無事通り、2月中旬に治療を兼ねて一週間ほど東大病院に
治療入院しました。

東大病院に入院するのは初めて。

ぶっちゃけ入院するほどの治療内容では無いのですが、治験というコトもあり、万全の体制で
治験開始をする為と思われます。

実際の治療は入院二日目から開始。

放射線照射と治験薬の点滴投与。

二日目以降は連日、放射線照射。

今回1クールとして行う治療は、放射線照射が合計32回(土日祝を除く毎日)
治験薬の点滴投与は3週間毎に計8回。

およそ1クール半年掛りで行います。

この初回のクールで経過が良くなければ治験打ち切りとなり、治療方針を変更になります。
経過良好であれば、次のクールに進み、治験薬の投薬治療が続行されるといゆワケです。

話はちょいとズレますが、今回の治験は、医師主導の治験で、患者は治験薬の薬代の負担は
ありませんが、それ以外の治療費(放射線照射や検査、入院などの諸費用)のすべては
自己負担となります。
勿論、保険が効くので3割負担ですが。

話戻り~
とゆースケジュールなので、3月は丸々一か月毎日通院に。

都内住みならなんてコトは無いのですが、現在、埼玉住みのオイラ。
都内に出るにはバスと電車を乗り継ぎで片道2時間、往復4時間(^^;

3月は週5で都内に通勤状態に(^^;
内2回は治験薬の投薬があったり、診察等もあるのでその日だけは一日掛かり。

2月の第4週に4日間、放射線照射に通院しましたが、もぉ大変(><;
このコロナ禍に満員電車は恐怖でしか無いっす(>□<)

色々運頼みな感じですが、暫くそんな日々を過ごす事になりそうです。




















スポンサーサイト



12月の手術とその後のオイラ 気分はいまだ2020w 

世間は2021年っすね。

コロナ禍ってもありますがどーも気分は2020年のままなオイラです(^^;

さて、12月中旬に帝京大学病院にて2度目の膀胱の腫瘍摘出の手術を受けました。

手術時間は一度目から大幅に短い一時間ちょいで終了。
あっちゅーまに終わった感じです。

結果、かなり深く脂肪層まで浸潤している所があったそう。
T3ってゆーんすかね。
腫瘍を掘り進めると貫通しそうだったので手前で止めたそうです(^^;

予定では一週間の入院でしたが、術後膀胱内での出血があったりと、比較的安定した状態に
するまでに結局15日間の入院になってしまいました。

それでも完全に状態が安定しているワケでは無いので尿カテーテルを留置したまま
退院となりました。

オイラ的には尿カテを外して退院したかったのですが(><)

てゆーか、尿カテしたままの生活なんて勿論初めてのコトなんで不安がいっぱいっす。

排泄のコトや仮に出血した場合とか、管が詰まったりした場合やetc・・・。

兎に角、気になっているコト、ものすごく細かいコトも含め、お医者に質問攻めし
全て回答していただき、心構えて退院しました。

退院時、購入したもの2点。

いずれも病院内のローソンで購入。1700円ちょいたったかな?

テルモ ウロガードプラス2500ml282867_3L1.jpg


DIBキャツプ

dib02.jpgdib01.jpg


尿バックは、膀胱に尿が溜まるとピリピリ痛むので家内で過ごす時や
就寝時に必要だろうと購入。

DIBキャツプは尿カテに差し込んで栓をするモノ。
片手で開閉できる優れもの。
黒いリングはマグネットになっている。

退院し、帰宅する際、一時的に尿カテに栓をする為に購入。

DIBキャップが高い!1200円ぐらい?

ちなみに開閉機構の無い、ただ尿カテにブスっと栓をするだけのモノは
600円ぐらいだそう。
通称イエローキャップと言われていたが、看護師さんから一つ貰った♪

退院後は膀胱の安定を自身の経験を踏まえつつ、自宅療養。

目視で判る範囲は、尿の色味。
そして尿に含まれる浮遊物など。
あと、尿が溜まった時の感覚。
あまり、畜尿バックに頼っていると膀胱が硬くなるそう。
尿を溜めないで速攻畜尿バックに流すので膀胱が膨張しないので当然の話っすよね。

膀胱に尿を溜める段階でもし、血尿が酷く、血栓ができ尿カテを詰まらせる事態が
起こった場合直ちに病院で処置をして貰わなければ成らないのですが、帝京まで片道
2時間程度の移動はマジで不可能なので、9月に掛かった地元の総合病院で
処置して貰うコトに。

つーても、なかなか面倒で、詰まったら速攻帝京に電話連絡し、膀胱の治療状態を
地元の総合病院にFAXして貰い、状況把握して貰った上で処置して貰うという。

とりあえず、現時点でそうゆう状態になってないので、このまま何もなく安定して欲しいところ。

ある程度、膀胱に尿を溜めても血尿が出ないぐらい安定したら東大病院に連絡し
続きの治療へ移行。

現在、退院してから2週間ちょい。
何度か血尿が出るコトがありましたが、血栓で詰まるコトは無く、出血と安定を
繰り返している感じ。

尿色が安定したら尿カテに栓して膀胱に溜め、ピリピリ感が出たら即排尿。

夜間は尿バック装着で就寝。

なかなか面倒な日常ですが、まぁ慣れてきたかなって感じっす。

そんな中、本日より一都三県に再度の緊急事態宣言・・・。

東大病院の状況も気になる。

とりあえず近日連絡して、どーしたら良いかお話しよーと思ってます。


んで模型の話題(^ー^)

昨年暮れにタミヤから発売された新作1/35マーダーⅠ。

入院前にちょこっと組み始めておりました(^w^)
126844082_3118402844931746_2942106932570789999_o.jpg

127640784_3136374199801277_14959699129588365_o.jpg
ここまで組んで入院w

退院してから続きをチマチマ組み始め__
132570613_3198470466924983_5973131528165787594_o.jpg
クリスマスイブイブでここまで進んで~

パタっと手が止まり、やっと手が動いてここまで進みました(^ー^)
DSCN0088[1]

流石タミヤ、ストレス無くサクサク組み立てられます。
が! 相変わらずの突き出しピン痕が・・・・。

比較的ピン痕の凹も浅めだったので240番で荒削りし、320番で整えます。


とりあえず、東大病院入院前までに組立は完了したい気分。



つーことで、今年も何かとドタバタが続きそうですが、よろしくお願いいたします(^0^)ノ




 





















12月の手術に向け心臓カテーテル検査を受ける

ご無沙汰な更新です(^^;
今回も模型絡みの更新じゃ無いのです(>□<)

今月中旬、予定していた心臓カテーテル術による検査入院をしました。

検査目的は、6年半前に急性心筋梗塞の際、埋められたステントと冠動脈の

状態を把握する為のものでした。
 

結果、危惧されていたステント内の血栓も問題無く、良好な状態でした。
同時に他の冠動脈も問題視される点もありませんでした。

とは言っても、治療困難だった詰まった冠動脈一本の状態は好転するハズも無く

相変わらず心臓のパフォーマンスは健常者の3割程度(^^;

 

そんな状況でも幾度も大きな手術を耐えてきた実績があるので「大丈夫でしょう」と結論。

 

というワケで、とりあえず心臓のコトは概ね心配無く次の手術を受けるコトができます。

 

んで次の手術は12月上旬。
 

この手術は、更なる治療の為の準備的なモノ。

 

術後の具体的なスケジュールは、まだ決まってませんが、12月の手術を終え、ある程度安定してから

帝京大学病院から東京大学病院へバトンタッチとなります。

 

バタバタした年末になりそうです(^^;;アセ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご無沙汰としるです!w(^0^)w

ご無沙汰してます。

更新がプツリと止まっておりましたが、9月10月と手術入院してたりしてました(^^;


今月も今週末に心臓の検査の為、2泊3日の検査入院をしてきます。

検査入院の結果次第で今後の具体的な治療スケジュールが決まってくるのですが

年末からバタバタしそうな雲行きです(>w<)



入退院を繰り返している感じになっちゃってますが、自宅に居る間はちょこちょこ

模型弄りもしているのである程度進んだらまたUPしていこーと思います(^^)


<制作中>エマー 1/35 タドポール(3 履帯を巻く

キット付属の履帯を巻きました。
希望ではプラの連結接着タイプかフリウルあたり~なんて思ってましたが
形にしたい気持ちが勝ってしまいました(>▽<)

IMG_2276.jpg

IMG_2278.jpg

IMG_2277.jpg

履帯を泥攻めしてみようと思ってますがどーなりますか(^^)



プロフィール

しぇいきんぐ

Author:しぇいきんぐ
いらっしゃいませ(^0^)ノ

yahooブログからの移民っす。

模型を中心に日々のたわいもない出来事などダラダラと記しております。

Lc.ツリーカテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04